危険?安全?収入は?パパ活のリアル

注意表示

男性とお茶や食事をするだけで20,000円~30,000円もらえる可能性があるパパ活。1日でこんなにも高い収入がゲットできるなら、お小遣い稼ぎにはピッタリですよね。

パパ活は生活費に苦しいシングルマザーや、本業の収入が低くておしゃれに使うお金がないOLから注目を集めています。
援助交際と混合してしまう人もいますが、肉体関係は持たないのが大前提です。

給与面では魅力的なパパ活ですが、金銭トラブルや男性がストーカー化するなどリスクもあります。

まずは素敵なパパ探しから!

パパ活を始めるなら、パパを探すことから始めましょう!

一昔前までは、交際クラブといって会員制で登録してパパを見つけるのが主流でした。しかしスマホをもっているのが当たり前になった現代では、パパ活アプリやサイトで登録できます。
アプリに登録している男性は、登録する際に身分証明書提示と高い登録料を支払っています。
そのため身元がハッキリしていて、なおかつ収入レベルの高いパパが多いので安心してパパを探せます。

気が合いそうな人を見つけた後は、きちんと男性を楽しませてあげましょう。おしゃべりで楽しませるか笑顔で癒しを与えるかはあなた次第です。

自分の身は自分で守る!が鉄則

1回ごとの支払い額が20,000円~30,000円と魅力的なパパ活にはリスクがつきもの。
それでは、どのようなトラブルが起こり得るのかみていきましょう。

・金銭的トラブル
まれに事前に決めたはずのお金を支払わない人がいます。回避するためには先払いをしてもらうか、男性が席をたつ際には荷物を置いていってもらいましょう。
・ストーカー化
お気に入りの女性を見つけた男性は、好意が募り過ぎてストーカーになるケースも。本名や住所、カード番号や口座番号は絶対に教えないようにしてください。

デートだけでお金が稼げるといっても危険性がまったくないわけではありません。自分の身は自分で守るよう対策をうちましょう。